コンワビルの耐震性

東京都耐震マーク制度で耐震改修済のビルとして第1号の耐震基準適合の認定を頂きました。

平成24年からスタートした東京都耐震マーク表示制度で、コンワビルは耐震改修済のビルとして、第1号の認定を頂きました。
今後も、テナントの皆様の安心と安全をお守りするため、トップレベルのビルとして努力を続けてまいります。

江戸前島の強固な地盤


古地図によると、築地1丁目は江戸前島の東部にあたりコンワビルは、ローム層の地盤(東京の地盤(Web版) 東京都土木技術支援・人材育成センター)の地下16mの基礎の上に、極めて耐震性能の高い建物として1971年に建築されました。

 

その後に建築基準法が改正されたため、2006年8月に改めて精緻な耐震診断を行い、「現行建築基準法と同等の耐震性を有する」建築物ととなるよう2007年に耐震補強工事を実施し、テナント様の安心安全が守られる一層堅固なビルとなりました。